言語:

facebook
rss

一人旅・グループ・ご家族での旅行、ビジネス、カプセルホテルとして|安くて快適なホステル!小樽駅徒歩15分にオープン! 一人旅・グループ・ご家族での旅行、ビジネス、カプセルホテルとして
安くて快適なホステル! 小樽駅徒歩15分にオープン!

小樽ゲストハウスハーベスト|Otaru Guesthouse Harvest

〒047-0036 北海道小樽市長橋1-2-3
0134-27-9736
info@otaru-harvest.com

カーナビは電話番号ではなく、住所またはマップコード(164718777*3)をご使用ください

ハーベストの本棚:第8回『バックパッカーパラダイス』(全1巻)

      2017/07/31    小樽総合デザイン事務局

小樽ゲストハウスハーベストにある本を紹介するハーベストの本棚

こんにちは、小樽総合デザイン事務局の中村です。

ゲストハウスハーベストにある本を紹介する「ハーベストの本棚」。
第8回は『バックパッカーパラダイス』です。


 

ゲストハウスにぴったりな1冊!

『バックパッカーパラダイス』は、作者であるさいとう夫婦の2年半にわたる世界一周旅行を漫画で記録したものです。

旅の始まりは1991年3月。
そのころ日本はまさにバブル崩壊直前。
さいとう夫婦はバブル期の助けもあって、1988年から3年間で400万円以上の旅費を貯めます。
そしてふたりは仕事を辞め、世界へ旅立ちます。

世界旅行のために仕事を辞めるって何気にすごいですよね。
しかし、ゲストハウスに宿泊する旅好きの皆さまなら、その気持ちが理解できるのではないでしょうか。
今の時代、それを実行するにはかなりの勇気が必要ですが、それでもやはり仕事を辞めてでも行く価値はありますよね。

さて、世界へ飛び出したさいとう夫婦ですが、ふたりはまず北米大陸(カリフォルニア)へ飛びます。
そして、南米を回り、再び北米(ニューヨーク)へ。
その後、ヨーロッパへ渡り、アフリカ、アジアと回って日本へ帰ります。

その間、旅は実に行き当たりばったり。
大まかなルートが決まっているだけで、細かいことはほとんど決めていません。

行き先が変わったり日程が変わったりなんてこともしばしば。
現地の人のお世話になったり、日本人の旅人や現地人に助けてもらったり、逆に助けたり。
数えきれない人々とのコミュニケーションが、ふたりの旅を作っていると言ってもいいかもしれません。

様々な出会いのあるゲストハウスも、この旅のスタイルに近いのではないでしょうか。
そういった意味でも、ゲストハウスにひったりの1冊だと思います。

 

世界の今と昔

さいとう夫婦が世界旅行へ出かけたのは1991年。
この記事を書いている2016年現在から25年も昔です。

したがって、世界の情勢が今とはだいぶ変わっています。
それを強く感じたのがシリア編です。

さいとう夫婦は1992年7月にシリアを訪れています。
そこで描かれるシリアという国は、美しく、人々は素朴で親切で宗教にも寛容でした。
それがシリアの本来の姿なのだと思います。
しかし、現在はご存知のとおりの惨状です。

ニューヨーク編では留学中のシリア人青年と知り合いになっていました。
「将来はシリアの大臣になる」と話したその青年はどうしているのか、ふと考えてしまいます。

1991年には湾岸戦争もあったので、今と当時のどちらが良いとは一概には言えませんが、さいとう夫婦が描く当時の世界を見ていると、そういった世界の変化(良くも悪くも)までよく見えてきます。

 

日本に戻って・・・

さいとう夫婦の2年半・42か国にわたる旅も終わり、彼らは帰国します。

帰ってきた彼らを迎えたのは、たくさんのカルチャーショックでした。

政権は交代しているし、TVゲームはポリゴンになってるし、Jリーグは始まってるし、SMAPは結成されているし・・・。
何より驚いたのは、街にあまりに活気がなく人々の顔が暗いことだったようです。
バブル崩壊直後ですからね。さぞかしショックだったことでしょう。

カルチャーショックだけではありません。
旅行中に出会い親しくしていた日本人が、その後現地で亡くなっていたなんてこともあったようです。
ふたりにとっては、これが一番ショックだったことでしょう。

2年半という長いとはいえない年月の中でも、本当にいろいろなことが変わっていくようです。
変わっていくといえば、この旅行でさいとう(夫)は20kg、さいとう(妻)は10kg痩せたそうですよ。
バックパッカーダイエット、いいかもしれませんね。

 

おわりに

すでに書きましたが、ゲストハウスにぴったりな1冊です。
読んでいるだけで旅行をしているような気分になれるし、旅行に行きたくなります。
旅行をしていると、いいことばかりではないかもしれません。長期ならなおさらですね。
しかし、そういったことまで含めて経験する価値があると、この本を読めばきっと感じることができることでしょう。

約400ページとかなりのボリュームですが、ぜひ手に取ってみてください。

以上、中村でした。

小樽総合デザイン事務局

 - ハーベストの本棚 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事